2016年
Aug
13日

好かれたければ磨け!ホストがチェックする女性のポイント

Category : コラム

ホストと話していると、「どうして初対面の私の性格がわかるの!?」と驚くことも多いものです。ときには自分のズボラな一面を言い当てられて、恥ずかしい思いをすることも。

実はソレ、ホストがさりげなく女性のあるものをチェックしているからこそわかることなのです。

今回はホストがよく見る、女性のチェックポイントをご紹介します。まずはこういった点から改善してみましょう。

 

 

1. 持ち主を映す鏡!携帯はキレイにしよう!

スマホ

「携帯は持ち主の小さな分身」と言われるほど、持ち主の性格や癖が携帯に表れます。

たとえば、ストラップや携帯カバーなどが明るくポップなものをつけている人は、常に楽しいことを考え流行の先端にいたい積極的なタイプ。携帯画面が汚れている人は、見細かいところは気にしない大雑把なところもあるが実は見栄っ張りなタイプ――このように、携帯は持ち主の性格を分析できる身近な持ち物なのです。

 

<ここだけは注意して!>

いつも通りのあなたでもいいですが、せっかくお気に入りのホストに会うのであれば、携帯の液晶画面やカメラのレンズはメガネ拭きなどで綺麗に拭き取りましょう。

すると、ホストに写真を見せてあげる時などに恥ずかしい思いをせずに済みますよ。

 

2. ネイル剥げかけはNG!指先ケアを忘れずに!

ネイル

ネイルをする女性の多くは、かわいいものが大好きな一方、時に自分に対し自信を失いやすい、か弱い性格も持ち合わせています。

また、ネイルの色や柄によってあなたの好みが絞りやすくなるため、ホストはあなたの性格をズバっと当てたり、あなたの好みのものを選んだりすることができるのです。

 

<ここだけは注意して!>

剥げかかったネイルはもちろん、手荒れなどはそのまま放置しないのがベスト。

少しの荒れであってもケアするのとしないのとでは大きな差が出るので、しっかりとケアしましょう。

 

3.  美しい口元で常に笑顔を!

唇

「目は口ほどに物を言う」ということわざがありますが、最近では人の性格や感情の波は目よりも口の方に出ると言われています。

鏡を見て、あなたの口角がどの位置にあるかチェックしてみてください。

元々口角が下がっているのなら、普段から愚痴や不満を口にしやすいタイプ。

また、下がった口角は老け顔の原因でもあるので、愚痴や不満が止まらなくても口角だけは少し上げる努力をすると良いですよ。

 

<ここだけは注意して!>

何度もリップを塗っても乾燥が目立つ人は、保湿ケアでしっかりと乾燥を治しましょう。

また、唇だけでなく歯も汚れがないか挟まっているものはないかチェックして、口臭の原因でもある歯石は普段から取り除いておくと、会話中に歯や口元が気になるなんて事態にはなりません。

 

4. 美しくない!カバンの詰めすぎに要注意!

カバン

女性が男性の財布を見て、性格や収入などを予想するように、男性も女性の持ち物で性格や癖をチェックします。

男性は女性のカバンを見ますが、特に注目しているのはそのカバンの中身です。

たとえばホストクラブにいる時、トイレに席を立ったり携帯を取り出したりする時にチラッと見える中身で、「ハンカチが綺麗だな」「携帯がすぐに見つからないほどカバンの中がいっぱいなのかな」などあなたの身だしなみや性格、部屋の様子まで予測できてしまいます。

 

<ここだけは注意して!>

おしゃれなカバンがパンパンになったり形を崩したりしないように、カバンの中身は定期的に整理しましょう。

また、カバンの角の磨り減りや手持ち部分などの色落ちは、自分で思う以上に品を下げてしまうので、専門店でケアしてもらうなどして対応しましょう。

 

5. 姿勢に影響も?靴の磨り減りはNG!

靴

ペタンコ靴をよく履く人は、普段からおしゃれよりも気楽な方を選ぶ傾向があります。

一方、ヒールを履く女性は高さにもよりますが、プライドが高くセクシーな女性として見られたい願望が強いタイプと言えます。

 

<ここだけは注意して!>

あなたにとってお気に入りの靴であっても、カカトがすり減っていたりヒール部分の金具がむき出しになっていたりしては、ボロ靴を履いているのと同じです。

また、すり減ったカカトや靴擦れが酷い靴は、姿勢の悪さや脚の歪みの原因にもなります。早めに直しておきましょう。

 

 

全てをチェックされていると思って!

今回ご紹介した5つは、一番性格を判断しやすい部分であり、ケアをうっかり忘れてしまう箇所でもあります。

他にもチェックされる部分はあるので、「ま、いっか」でおしゃれを終わらせるのはとっても危険!

お気に入りのホストに「あれ?疲れてる?」なんて心配されないためにも、「今日もかわいいね」と褒めてもらうためにも、細部までケアしましょう。