2016年
Sep
04日

心配ご無用!お酒が飲めなくてもホストクラブが楽しめる理由

Category : コラム

ホストクラブといえば、ボトルを入れたりシャンパンコールをしたりなど、お酒が飛び交うようなイメージが強いですよね。女性の中には「お酒が強くないと楽しめないのでは?」「お酒が飲めないから遊びに行けない」と思い込んでしまっている人もいるでしょう。

しかしそれは誤りです。

実は、お酒が飲めない人やあまり強くない人でも、ホストクラブを楽しむことはできるのです。

今回はその理由と、お酒を飲めない人にとっていかにホストクラブが魅力的かをご紹介いたします。

 

1. 飲んでも飲まなくても変わりはない

ボトル1本いくらというシステムは確かに存在しますが、基本的なシステムは、2時間いくらなどの時間制です。初回料金(初めてお店を利用する際の特別料金)は特にこの場合が多いです。

ホストクラブによって多少料金は違いますが、そのシステムをベースにドリンクを注文します。必ずしもお酒でなければいけないというワケではないので、どうぞご安心を。

 

2. 豊富なノンアルメニュー!

ホストクラブには、アルコールが強いお酒や高いお酒しかないイメージもあるかもしれませんが、ホストクラブのドリンクメニューには烏龍茶やオレンジジュースなどもあり、想像以上に豊富です。

また、お酒が弱い人にも飲めるようなアルコール度数の低いお酒もちゃんと揃っているので、お酒でもノンアルコールでもあなたが飲みたい物を選べます。

 

3. ホストは会話のプロ!お酒の有無は関係ない!

当然のことですが、お酒を飲まなければ楽しく話せないホストなんていません。

ホストはそれぞれが皆、女性を喜ばせるプロですから、お酒を飲んだか、飲んでいないかによって、ベースである話術やテクニックに差が出ることはありません。あなたがお酒を飲んでテンションを上げようなんて、無理をしなくても大丈夫です。

 

4. 実はお酒に弱いホストもいる!?

意外かもしれませんが、全てのホストがお酒に強いワケではありません。

ホストだって人間ですから、体質は人それぞれ。お酒に弱くて、ほろ酔い状態の可愛い一面を見せてくれるホストもいます。

そんなホストとなら「お酒を頼まなきゃ!」なんて無理をすることもなく、お酒に弱い者同士でゆっくりと会話を楽しめるので、安心です。

 

5. シャンパンコールのときも飲まなくてOK!

最初はそんなつもりはなくても、ホストクラブで盛り上がると、つい高いボトルやシャンパンコールを頼んでみたくなります。

しかし、初心者さんやお酒が苦手な人はなかなか頼みにくいですし、調子に乗って頼んだのに飲めないというのは、ちょっと悪いような気もしますよね。

しかし、シャンパンコールを頼んだお客さん自身が、お酒を飲めなくても問題ありません。どうしても不安な時は、他のお客さんのシャンパンコールなどで様子をチェックしましょう。

店内のどこかでシャンパンコールが起きたのなら、その時にシャンパンコールについて直接ホストに質問すれば、不自然ではありません。聞くだけ聞いて頼まなくても問題ありませんし、問題なければ思い切って頼んでみるのも良いでしょう。

 

<注意点>

ホストの外見やキャラクターが個性的であるのと同様に、システムやルールも各ホストクラブによって多少違います。

初めて行くホストクラブはもちろん、通っているホストクラブでも、ソフトドリンクやボトルのルールについては一度問い合わせてみてくださいね。

 

お酒が全てじゃない!

お酒が飲めなかったり弱かったりすると、お酒が飲める人よりも楽しめていないように感じるかもしれませんが、そんなことはありません。お酒を無理に飲んだことで悪酔いしたり、記憶が曖昧になったり、トラブルになるよりは、シラフの方が心配なく楽しめます。

ホストクラブでは、無理してお酒を飲む必要はありませんので、ソフトドリンクだけの利用でも一度足を運んでみてください。